Magazine

日産『未来を想像する』

日産について

日産は、ルノー・日産グループの一員であり、洗練されたデザイン組織をイギリス、アメリカ、中国、日本にもつ、世界的に有名な自動車ブランドの一つです。

私たちは2003年から、日産デザインセンター(NDC)と、日本の厚木市にある日産アドバンスデザインチームと共同でプロジェクトに取り組んできました。最終的には”明日のプロダクト”に反映・実行でき得る未来のコンセプトと機会を探ることが、このチームの目標です。

Why / なぜ(目的)

日産は自動車ブランドが直面している多くの試練 「エコ問題と代替エネルギー源への切り替えや、特に都市移住者と若い世代の間での自動車所有に対する欲求の低下」を認識しています。これらの問題はよく「カーシェアサービスとは?や自動車はライフスタイルと共にどのように成長し進化するか?」といったプロジェクトブリーフに提起されます。

Nissan Front1

How / どのように(何をしたか)

これらの種類のプロジェクトは、多くの場合、曖昧で終わりを設定しないタイプの探索が多いため、解決策を見つける前にまず問題の定義と具体化に役立つプロジェクトの構造を作成します。それらを実行するためには次のようなタイプのアクティビティを利用します。

企業内・外リサーチ : 日産企業内でのリサーチを活用すると共に、ユーザー、サービス、市場、技術面のリサーチを実施

普遍的なテーマ : 未来に影響する大きなテーマとは何か? 例 ”若者は車に乗って友達に会いに行くよりも、フェイスタイムでのチャットを選ぶ

ビジネス機会についてのフレームワークを作成 : 未来環境での日産の可能性を明確化

ラピッドプロトタイピングと視覚化 : コンセプト、サービス、未来のライフスタイル

What / 何を(結果)

このような関係性の中、私たちは日産デザインセンター(NDC)といくつものブランド探索プロジェクトを成功裏に完了しています。アウトプットはいつもアドバンスデザインチームにデータ、インスピレーション、洞察を提供することであり、日産の”次のステップ”についての思考、計画において影響を与えることを目的としています。

The Division について ~ クライアントからのコメント

日産とのプロジェクト例はこちら:

Nissan – DIY vehicle

Nissan – EV exploration

Infiniti – What is luxury ?

日産と同じカテゴリーのプロジェクト例はこちら:

Denso – Future of transport communications