Camera
London 2014

スタジオプロジェクトの一環として、スマートフォンの使い方が従来のカメラのフォーマットや使用にどのような影響を与えるかを考察しました。 アパチャーの形からインスピレーションを得た多角形のフォルムに始まり、専門用語のような複雑なものではなくシンプルな言葉や表現を用い、スマートフォンのような使用感のインターフェースに至るまで。

スマートフォンとカメラ、両方の要素をもつこの新たなコンセプトが両ユーザーを魅了するものになればと考えます。