Daiwa House Furniture
Japan 2005

大和ハウス社は、ハイエンドレンジのオーナーを対象とした「エディズハウス」のホーム用家具 のデザインを我々に依頼しました。家のインテリアは無機質で、プラスチック感のあるものでしたが、開放感のある間取りと幾何学形状が上手く機能していました。そのため、我々は幾何学形状を反映させ、素材や仕上げによって暖かみを創りだす家具を目指しました。発泡アルミニウムや非常に薄いウォールナットのベニヤ等を使用した結果、エディズハウスの幾何学的なモダンさと日本の工芸と技術が組み合わさった家具に仕上がりました。