Panasonic AV design
Japan 2003

パナソニック社はオーディオ&ビジュアル製品に、消費者が他社製品との違いを見出せるような一貫した「外観と印象」を持っていませんでした。6ヶ月間にわたり、我々は経営陣と密接に繋がり、パナソニックのゴール、そしてソニーやサムスンといった企業との差別化を図ったフォーム、ディテール、色や素材を形成しました。将来的にインハウスデザイナーが一貫したデザインアイデンティティを構築することが出来る様に、テレビ、DVDプレイヤー、携帯電話、カメラ、LCD プロジェクターのテンプレートとなるプロトタイプを作成しました。これらのプロダクトはミラノサローネに出展され、デザインプレスに特集を組まれるなど成功を収めました。この成功はパナソニック社の白物家電等、他のカテゴリーとのコラボレーションへと繋がっていきました。